会話・雑談の話し方教室「楽しく会話をする!相手を立てる話し方をしてみよう」

会話・雑談が苦手な大人たち

会話が苦手な大人も少なくないものです。会話が苦手な人達は、気まずい雰囲気になると、「私の話し方が良くないのだろうか」と心配してしまうこともあるようです。そこで、会話が苦手な人には、相手を立てながら話すことをお勧めします。

相手を立てながら話すことで、相手は、気分良く話すことができますから、お互いに楽しく会話を楽しむことができるようになるものです。

相手に気持ちよく話してもらう

相手を立てながら話す時の基本は、相手を「気遣う」ことです。いかに相手に気持ちよく話してもらうか、ということを考えながら話をすすめてみてください。

例えば、料理が得意な人と会話する場合、「私が肉じゃがを作ると、いつも薄味になってしまうのですが、どうすればいい感じの味わいになるのでしょうか?」と質問してみましょう。相手は、「食べる2~3時間前に作っておくと、食べる時には味がしみこんでいることが多いよ」と返答したとします。

その場合、あなたは「おいしく作るコツは意外と簡単なんですね。○○さんのおかげで、私もおいしい肉じゃがを作れそうです!」とお礼を言いましょう。相手の気分が良くなることで、さらに色んな料理をおいしく作るコツを話してくれるかも知れませんね。

相手を立てる時に気をつける話し方

相手を立てる時に気をつけたいことは、露骨なほめ方を控えることです。

例えば「○○さんの作る肉じゃがは絶品なんでしょうね。食べたらほっぺたが落っこちそうですね」というほめ方をされると、不自然な感じがしていまいます。相手を立てる時は、「○○さんの肉じゃがはとてもおいしそうですね」というように、あくまでも「さりげなく」ほめるようにしましょう。

コミュニケーションをとる上では、相手を気遣うこと、相手を立てることがポイントとなります。会話・雑談べたを克服したい人は、業界で一番歴史と実績のある本学の「会話・雑談コース」で学んでいただくのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修