話し方教室「チームビルディング!必須となるのは双方向コミュニケーション」(話し方講座東京)

コミュニケーションでチームの考え方や情報を共有する

ビジネスリーダーは、良いチームを作るために、日夜あらゆる工夫を凝らしていることでしょう。その「チームビルディング」において必須となるのが、「双方向のコミュニケーション」です。

チームビルディングにおいては、チーム内で考え方を共有することが大切です。例えば、チームの目標を達成させるために、なぜ目標を達成する必要があるのか。どのような方法で取り組むか。それらを共有しなければなりません。

チーム内で考え方を共有するために、リーダーは率先してコミュニケーションを図る必要があります。こまめにメンバーと意思疎通を図り、メンバーが現在の状況を把握することで、チームビルディングが実現するのです。

上意下達と下意上達のコミュニケーションを

チームビルディングを実現しようとしても、コミュニケーションが上手くとれていないとチーム内での考え方が一致せず、チームづくりがうまくいきません。そこで大切になるのは、双方向のコミュニケーションです。リーダーは、メンバーに「上意下達」でチーム内の目標を説明し、理解してもらうことが大切です。

しかしその一方で、メンバーから、困っていること、チーム内での問題点などについて吸い上げることもまた重要なのです。言ってみれば、「下意上達」を忘れてはならないのです。リーダーがメンバーの意見を吸い上げ、またメンバーの不満を解消することにより、チームが目標達成に向けて協働しやすくなるのです。

さて、チームビルディングを実現するにあたり、リーダーは話しベタとか、あがり症とか、言っている場合ではありません。もし話し方に自信が持てないリーダーがいたら、本学の話し方教室で訓練を受けるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/チームワーク/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修