話し方教室「日本人は議論が苦手、その理由は?」

議論が苦手な日本人

日本人は議論が苦手、とよく言われます。普通のコミュニケーションは問題なくとれても、議論が苦手と感じる人は、あがり症であるなしにかかわらず、多いようです。

今回は「議論が苦手な日本人」、その理由を考えてみましょう。

議論を「攻撃すること」だと思っている

日本人には、議論を「攻撃すること」と思っているところが見受けられます。

普段は議論を行わないことが多いのですが、一旦議論が始まると、ここぞとばかりに自分の考えを強硬に主張する人達が、実は少なくありません。

普段から議論を行わないために、議論を客観的な視点で行うのではなく、感情にまかせた話し方で喧嘩腰で主張する輩が多いのです。

こういう感情的な議論を巷でよく見かけますので、多くの人は「議論を攻撃すること」と勘違いをしているのだと思います。

元来、議論とは、攻撃的に行うものではありません。あくまでも「論理的に物事を考えた上で」、冷静に発言するものなのです。

物事を「波風立てず、丸く収めたい」精神性

日本人の多くは「物事を丸く収めたい」と思っています。争いごとを好まず、波風を立てずにその場を収めたい、と考える人が多いのです。

議論は攻撃的なものと暗黙の内に思っていますので、攻撃的なことをするくらいなら、その場で丸く収めた方がよっぽど良い、というように感じてしまいがちなのです。

しかし、議論とは本来、攻撃的なものではありません。むしろ、「お互いの理解を深め合うため」に行うのが議論のはずですが・・。

「議論」を正しく認識しよう

議論は、相手を説き伏せる、あるいは、相手に勝つために行うものではありません。物事を建設的に考えたり、検討したりするために行うもの。これが正しい理解です。

もし、このように多くの人が考えられるようになれば、議論に対する苦手意識も少なくなっていくのではないでしょうか。

このコラムをきっかけに、キチンと議論の仕方を学びたい人は、本学の話し方教室講座で学んでいただくことをお勧めいたします。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/議論/学院総長監修