話し方教室「滑舌、発声発音を改善!母音を明確に発音しよう」

聞き取りにくい声を改善

自分は普通に話しているはずなのに、相手が何か聞き取りにくそうなそぶりを見せたり、しばしば話を聞き返されることはありませんか。

「聞き返される」ことは、話し手にとってあまり気分が良いものではありませんし、聞き手にとっても聞き返すことは面倒なものなのです。

そこで今回は、発音をよくするためのポイント。母音を明確に発音する練習法について述べてみましょう。

大きめに口を動かして、発音改善

聞き取りやすい話し方をするためには、母音を明確に発音ことが大切です。母音を明確に発言するためには、意識的に口を大きめに動かすことを心がけるとよいのです。

「あ」は口を大きく開け、「い」は唇が横に広がるようにします。「う」は、中央に唇をよせて少しすぼめて発音しましょう。「え」は、「あ」の口の大きさの半分程度を心がけましょう。「お」は唇をうんとすぼめて突き出す感じで発音します。

口(アゴ)や唇の動きに意識を向け、それぞれの母音をはっきりと発音するようにすると、発音不明瞭が改善し、聞き取りやすい話し方となります。

母音だけで発音して、滑舌改善

母音だけで発音すると、口の動きを改善しやすくなりますのでお勧めです。

例えば、「ありがとうございました」を母音だけで言うと、「あいあおうおあいあいあ」になります。試しに発音してみましょう。母音だけで発音すると、自然と口の動きが大きくなっていることが分かるでしょう。

子音と母音を連ねて発音すると、口は(子音にそなえた動きを行わなければならないために、)どうしても動きが小さくなります。そのため、滑舌をよくするには、母音のみで発音する練習法が有効なのです。

さて、上記以外の普段使っている言葉も「母音だけで発音」して、滑舌を改善してみましょう。

滑舌が改善すれば、円滑なコミュニケーションが期待できます。もし、本格的に滑舌を改善したい場合は、本学の話し方教室講座で練習されるのがよいでしょう。最速で改善されます。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/発声・発音/学院総長監修