話し方教室「交渉で活かしたい!イーブン・ア・ペニー・テクニック」

交渉が苦手な人へお勧めのテクニック

「交渉」という言葉を聞くだけで、苦手意識を感じることはありませんか。交渉事を苦手に感じる人は、「イーブン・ア・ペニー・テクニック」を活用して交渉を行ってみましょう。

話し方に自信が持てなくても、ちょっとした頼み事をするだけなので、交渉下手な人にも取り組みやすいのではないでしょうか。

「少しだけなら、ま、いいか」という気持ちに乗じて交渉

イーブン・ア・ペニー・テクニックとは、「ほんの、少しだけで良いですので」という感じで頼み事をすることです。

ペニーとは、イギリスの通貨「ポンド」の1/100の単位のことで、日本円に直すと1円程度です。

募金をしてもらうときに「1円でも結構です。よろしくお願いします!」と声をかけられると、「1円なら、募金してもいいかな」と感じて募金をしてしまうでしょう。そして実際は、10円や100円を募金箱に入れてしまいます。

「1円でも結構です。よろしくお願いします!」の掛け声こそ、まさにイーブン・ア・ペニー・テクニックです。ちょっとだけ頼み事をすることで、受け入れられる可能性が高まります。

「1分だけ時間を下さい!」は、営業交渉の常套句

「1分間だけ時間を下さい!」という言葉は、営業マンがよく使う言葉です。この一言も、イーブン・ア・ペニー・テクニックです。

話を聞いてもらえるか、もらえないか。それだけでも大きな違いとなります。少しでも話を聞いてもらえれば、十分に交渉できるからです。

また交渉中も、イーブン・ア・ペニー・テクニックを応用して、ちょっとした頼み事をすると、相手は「OK」を出しやすくなります。一度「OK」を出した後は、次の頼みごとにも「OK」しやすくなるのです。

対人折衝が苦手な人や、あがり症の人でもイーブン・ア・ペニー・テクニックを活用すれば、交渉を進めやすくなることでしょう。営業交渉のテクニックを磨きたい場合は、本学の話し方教室講座を活用されるのがよいでしょう。

©話し方なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/交渉力/学院総長監修