話し方教室「気になる自分の訛り、標準語アクセントで話す方法は?」

方言のアクセントを気にする人達

地方の方が東京に出てくると、自分の方言の独特なアクセントを恥ずかしく思って、気にしてしまう人がいます。特に東北の方に多く見られます。

お国言葉である方言はすばらしいもので、私などは、直す必要がないと思っています。しかし、方言を直したい人も中にはいますので、今回は、タダで、自分で直す方法をご紹介してみましょう。

テレビやラジオのニュース番組で、標準語アクセントを聞く

標準語アクセントを覚えるには、テレビやラジオのニュース番組を聞くことをお勧めします。

ニュースのアナウンサーは、標準語のアクセントでニュース原稿を読んでいます。それが彼らの仕事です。

ですからアクセントを直すには、アナウンサーのアクセントを聞きながら真似ていけばよいのです。ポイントは、ニュースを聞いていて「違和感」を感じるところを真似るのがコツです。

違和感のある部分が、方言と標準語アクセントとのズレ

例えば「夜勤」という言葉を発音する時に「き」にアクセントを置く人は、アナウンサーが「や」にアクセントを置いて話していることに違和感を覚えるはずです。

違和感がある部分があなたの発音と、標準語アクセントとのズレになります。ですから、その単語のアナウンサーの発音を真似ればよいのです。

これだけのことを繰り返すだけで、標準語のアクセントが次第に身についていきます。何もお金を払って学ぶほどでもありません。

しかし根気は必要です。言葉の習得には繰り返しが欠かせないのです。繰り返すことで意識しなくても標準語アクセントで話せるようになっていくのです。

もし、自分では訓練が難しいと思った人は、本学の話し方教室で学んでください。お金はかかりますが、「標準語アクセント」だけではなく、「職業人に必須の話力」が身に付きますのでお勧めです。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/発声発音・標準語/学院総長監修