社長・経営者の話し方教室「新たな気持ちを社員に送る!社長の新春スピーチ」

社長の新春スピーチ、どうすればよい?

新たな気持ちで新年を迎えるとき、社長なら社員に向けた新春メッセージを送りたいものです。

そうしたいけど、なかなか・・・ですか?

難しく考えることはありません。以下をご参考に、社員にスピーチをすればよいのです。では、社長の新春メッセージついて述べてみましょう。

旧年を総括して、社員に一年間の感謝を述べよう

社長の新春メッセージでぜひとも伝えておきたいのが、社員に対する昨年1年間の気持ちです。

社長の新春メッセージでは、昨年1年間の社会状況や会社の状況についての内容と今後の方針を述べることが中心になります。

しかし忘れて欲しくないのは、社員に対する昨年1年間の感謝です。これをきちんと伝えてください。

社員があってこそ、会社が成り立っているわけですから、「昨年1年間の皆さんの力添えに、心より感謝しています」と、必ず述べてください。

社員に今年の方針を示し、社員の健康を祈念しよう

社会と会社の情勢についてスピーチしたら、次は、今年一年の経営方針を説明します。

今年の売上目標、事業目標、そのための施策などが主なテーマとなります。

そして、やはり忘れて欲しくないのが、社員や社員の家族の健康を祈る言葉です。

例えば、「社員の皆さんと、ご家族の皆様にとりまして、今年1年が健康で充実した1年となることを祈念して、新春のご挨拶とします」、そんな感じで述べて欲しいのです。

社員への気遣いを絶やさないことが、社員の意欲アップに、ひいては業績向上へとつながっていくポイントなのです。

さて、スピーチをさらに上達させたい方は、本学の社長のための話し方教室をご利用になっていただくのがよいでしょう。

社長,経営者の話し方講座なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/社長・経営者スピーチ/学院総長監修