話し方教室「アダルトチルドレンの傾向?話し方を改善しよう!」

自分に価値を感じられない人の話し方

自分自身に価値があると感じられず、常に相手の顔をうかがい、つらい思いをしながら毎日の生活を送ってしまうために、困っている方もいらっしゃることでしょう。「自分自身に価値が感じられない」、「相手との距離感が上手く取れない」とコミュニケーションに悩む方は、もしかして「アダルトチルドレン」やもしれません。

自分の話し方に自信が持てず、コミュニケーションが満足に取れない場合、どのように改善していけば良いのでしょうか。

アダルトチルドレンの自己表現を改善するには?

アダルトチルドレンとは、子供時代に親から適切な愛情を受け取ることができなかったために、子供時代の心の傷を負ったまま大人になってしまった人のことを指します。

アダルトチルドレンの主な特徴としては、承認欲求が強いこと、自分の感情がよく理解できないこと、自分の意見を持っていないことなどがあります。また、全般的に自分自身を卑下する傾向にあるため、ネガティブな考え方をすることが多いのです。

アダルトチルドレンの傾向がある方は、どのようにして話し方やコミュニケーションを改善すれば良いのでしょうか。

やんわりとした話し方や、肯定的表現を身につけよう

アダルトチルドレンの傾向がある方には、やんわりとした話し方を身につけることをおすすめします。例えば「にんじんは大嫌いだ!」と言うと、あまりにもストレート過ぎる表現ですが、「にんじんはあんまり好きじゃないんだよね」と、「好きじゃない」という言い方をするだけで、やんわりとした言い回しになります。

さらに「~だ」と言い切るよりも「~なんですよね」というように、語尾をやんわりさせることも効果的です。またアダルトチルドレンの方は、言葉の言い回しが否定的になりがちですので、なるべく肯定的な言葉で物事を表現することがポイントになります。

やんわりとした言い回しや、肯定的表現を身につけると、周りへ与える印象が大きく変わる効果も期待できます。アダルトチルドレンの方はもちろん、あがり症で話し方を改善したい場合は、本学の話し方教室をご利用になるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方,伝え方/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修