話し方教室「良い声を出す!姿勢を正して発声発音してみよう」(話し方講座東京)

声が小さい、響かない、聞き取りにくい人の改善法

声が小さい、声が響かない、とお困りですか?あがり症も相まって、聞き取りにくい発声発音となってしまう人もいるかもしれません。

良い声がなかなか出ないと感じている時は、背筋をまっすぐにして、姿勢を正すことを心がけてみてください。猫背になると、声がこもりがちで通りにくくなりますが、背筋を正すことにより、通った声を出しやすくなります。

良い声を出すために、背筋を伸ばし、胸を張ろう

良い声を出すためには、背筋を伸ばすと効果的です。デスクワークが続いている時や、もともと姿勢が悪い人は、どうしても猫背になってしまいます。猫背の時は、肺から声帯へと空気が通りにくく、良い声が出にくいのです。

逆に、姿勢を正し、背筋をまっすぐにした状態であれば、猫背の時よりも、声が出しやすいことが分かるでしょう。背筋をまっすぐにすることで、肺から声帯へと空気が通りやすくなるからです。背筋をまっすぐにした状態で、さらに胸を張ると、もっと良い声が出しやすくなります。試してみてください。

姿勢を正せば、声が出やすく、自信も湧いてくる

良い声を出すために、普段から姿勢を正すことを心がける必要があります。背筋をまっすぐにすることを意識づけることが大事です。背筋を伸ばした状態で声を出すだけでも、良い声が出やすいですが、さらに良い声を出すためには、腹式呼吸を活用して、おなかから声を出すことも大切です。同時に心がけてみましょう。

また背筋を伸ばし、姿勢を正す、ただそれだけでも少し自信が湧いてくることも実感されるのではないでしょうか。

話し方教室の要点「良い声を出すボイス・トレーニング」

1.姿勢を正し、背筋をまっすぐにした状態で声を出す。さらに胸を張ること。背筋を伸ばせば、肺から声帯へ空気が通りやすくなる。

2.また背筋を伸ばし、姿勢を正す、ただそれだけで、少し自信も湧いてくる。視線が上を向くから。

3.さらに、良い声を出すためには、腹式呼吸を活用して、おなかから声を出すこと。

ちなみに、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京では、業界でも屈指の効率的、効果的、ボイストレーニングを行っています。声に問題を抱えている人は、ご利用になるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/発声発音,ボイストレーニング/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修