会話・雑談の話し方教室「相手の話が長すぎて困る!どのように会話を切り上げるべき?」(話し方講座東京)

相手の話が長すぎる会話、どうします?

相手との会話・雑談が続かず沈黙してしまうと気まずく感じます。また一方で、相手の話が長すぎて、終わろうにもなかなか終われない場合、どのようにして話を終わらせば良いか、困ってしまうこともあることでしょう。

特に、あがり症の方は、相手のペースに押されてしまうことでしょう。相手の話が長すぎて困る場合、どのようにして話を切り上げれば良いのでしょうか。

会話の際、相手の言いたいことを要約して受け止めてみる

相手の話が長くなってしまう理由として、「とにかく気持ちを受け止めて欲しい、理解して欲しい」という思いを持っているにもかかわらず、言語表現力に難があるということがあります。こんな場合は、相手の言いたいことを、要約して受け止めてみましょう。

長話する人の話の内容を良く聞いてみると、話す内容のなかで大切なこと容は、全体の1~2割程度でしかないことに気がつくことでしょう。そこで、大切な内容だけをまとめて、要約して伝えてみるのです。すると相手は、自分の言いたいことが相手に伝わった満足感で、長々と話す必要がないと感じることでしょう。

場合によっては、少々強引に話(会話)を終わらせることも

しかし、それでも話が終わらなければ、上手に話を切り上げることも知っておいた方がよいでしょう。一つには、事前に、「今日はこのあと用事があるから、話をするなら手短にね」と伝えておく方法があります。そうすれば、長話になったとしても「あ、ごめん、そろそろ行かなきゃ!」という理由で話を終わらせることができます。

それ以外には、気のない相づちがあります。「へぇ」、「そうなんだ」というように、あまり興味がなさそうに相づちを打つ方法です。これにより、相手は話をしていてもつまらないと感じ、口数が次第に減っていきます。

話し方教室の要点「相手の会話が長い時の終わらせ方」

1.相手の言いたいことを、「要約」して伝えてみる。

2.事前に、「このあと用事があるから、話は手短にね」と伝えておく。

3.気のない相づちや返事をすることも。

早く話を終わらせたい、でも関係が悪くなるのは困る、というケースもあることでしょう。そんな時どんな話し方をすれば良いかを学びたい方は、話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室「会話・雑談専門講座」を受講されるのがよいでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修