話し方教室「プレゼンテーション上級者なら、メモを用意し、自分の言葉でプレゼンしよう」

プレゼンテーション上級者のあるべき姿とは?

プレゼンの経験が少なく、しかも、あがり症でプレゼンに自信がない方は、プレゼンの原稿を作って話をすることでしょう。

確かに、原稿があればプレゼンを行うときに安心ですが、原稿を読みながらプレゼンを行うと、プレゼンを聞いている人は、ぎこちないなぁと感じてしまいます。

初心者にとって原稿は必要かもしれませんが、上級者は原稿を書いてはいけません。上級者のプレゼンテーションの事前準備は、原稿ではなくメモを準備し、自分の話し言葉でプレゼンを行ってほしいものです。

原稿を読みながらのプレゼンは、聞き手をいらだたせる

プレゼンの経験が少ない方や、プレゼンに自信がない方は、原稿を用意するもの仕方がないことでしょう。原稿に、伝えたい内容を書いておくと、安心なのです。

しかし、実際に原稿を読みながらプレゼンを進めると、結局は文章を読んでいるだけですから、聞き手は、「その原稿をください。聞いている時間がもったいない」と思ってしまうものです。

上級者は、原稿を捨て、メモだけでプレゼンすべきなのです。

上級者は、話し言葉で、自分の言葉でプレゼンする

原稿を読むと、棒読み(読み口調)になります。しかし、メモに基づいてプレゼンを行えば、話し言葉で、しかも自分の言葉で語ることができます。つまり、自然な話し方になるのです。

皆さんは普段のコミュニケーションでは、当然「話し言葉」を使っていることでしょう。それと同様、プレゼンも話し言葉でやっていただきたいのです。

話し方教室の要点:上級プレゼンテーションのポイント

1.上級者は、原稿を捨て、メモだけでプレゼンすべきである。

2.上級者は、普段の自然な話し言葉でプレゼンすべきである。

そうはいっても、メモだけで話すには高度な思考スキルと熟練が欠かせません。

これは「一般の話し方教室」のレベルを超えていますので、真の上級プレゼンターになりたい方は、プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室専門講座で学ばれるのが一番の近道になるでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/入門・教養講座 スタッフ委員会/プレゼン・プレゼンテーション/学院総長監修