日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

会話・雑談の話し方教室「スムーズに『雑談』を進めたい!話題を事前に集めておこう」


会話・雑談をスムーズに進める

雑談しようとすると、「頭の中が真っ白になってしまう」という悩みや、「雑談中はどんな話し方をしたらいいんだろう?」という悩みを抱えていませんか。

特に、あがり症の方ほど、そのように感じてしまうのではないでしょうか。

雑談をスムーズに進めるために、話題を事前に集めておくなど前準備を行っておくことは、雑談をスムーズに進める一つの方法です。

 
会話・雑談/画像:写真AC

会話・雑談の話題は、新鮮なネタがベター

会話・雑談の前準備で手軽にできる方法は、「話題になりそうな新しいネタ」を事前に集めておくことです。

例えば、駅前にできたラーメン店は、特に味噌ラーメンがおいしくておすすめ、ということや、会社の近くにできたコンビニは、入り口が建物のど真ん中にあって、今までのコンビニとは配置が違って面白い、そんな身近な新鮮なネタでよいわけです。

なぜなら多くの人達は、新しい物を見ると珍しがります。それをきっかけにコミュニケーションが取りやすくなるのです。

相手の興味を理解しておくと、より会話がスムーズに

また、相手の興味があることを事前に理解しておくことで、より会話がスムーズに進みやすくなります。

例えば、相手の趣味がジョギングであることを事前に理解しておくだけで、話題を広げることができます。「最近、マラソン大会には出場しましたか?」と質問したり、「ジョギングは、走り終えたときの達成感が最高ですよね」と共感したりできるのです。

あなたがジョギングについて共感することにより、相手は、好きなジョギングについてたくさん語り出すことでしょう。そうしたら、あなたは聞き役に徹し、時折質問を織り交ぜながら雑談を進めればよいのです。

相手のことをほんの少し理解しておくだけで、話題は広がりますので、ぜひお試しください。

さて、気軽に、何時間でも会話・雑談できるようになりたい、と強く思っている方は、話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京の話し方教室で学んでください。それが一番ですから。


 コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話・雑談力/話し方教室入門・教養講座 スタッフ委員会/学院総長監修


  • 2017年9月22日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。