日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「自己の能力開発を、どうするか」

コミュニケーション・カフェ喫茶店
話し方教室・学院総長の 今日のコラム:「自己の能力開発を、どうするか」

●厚生労働省の2008年1月の「能力開発基本調査」によると、
従業員の能力開発や人材育成に「問題がある」と答えた企業が77.3%。
理由は「指導する人材不足」、「人材育成の時間がない」が上位。

●従業員側でも自己啓発に「問題がある」と答えた人は正社員で77.1%。
理由は「仕事が忙しくて、自己啓発の余裕がない」が最多。

●言ってみれば、企業側も従業員側も、8割程度が「能力開発に問題あり」としているわけで、これは由々しきことですね。
そして、共通する理由として「時間がない」が上位に来ています。

●もう、働く側(従業員側)の対処法は、明白ですね。
結局、①自己の能力開発は、「会社に期待しないで、自らの責任において行う」こと。

②時間は誰にでも一日24時間だから、「時間不足を言い訳にしない、時間は何とか捻出する」こと。

③四の五の言わず、「覚悟を決めたら、やりぬく」こと。


話し方教室・あがり症克服・話し方・コミュニケーション能力開発なら、日本コミュニケーション学院!


  • 2008年9月21日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。