会話・雑談力の話し方教室「会話での『相づち』の打ち方をカウンセラーに学んでみる!」(話し方講座東京)

会話の相づちを一工夫して、よりよい関係を構築する

円滑なコミュニケーションにおいては、適度な相づちが大切です。しかし、単調なあいづちでは、話している相手が不満に思うことがあります。

そこで、あいづちの打ち方について、カウンセラーが行っている方法を参考にしてみましょう。上手にあいづちを打てるようになると、話をしている相手との関係もよくなります。

あいづちは、対人コミュニケーションスキルの基本

会話・雑談をスムーズに行うためには、あいづちを打つことが大切です。なぜなら、あいづちを打つことで、話をしている相手は「自分の話を聞いてもらえている」ということを意識できるからです。

仮に、話をしっかりと聞いていたとしても、あいづちを打つことが下手なら、相手は「自分の話に興味がないのだろうか」と感じてしまうことでしょう。あいづちは対人コミュニケーションの際には大事なのです。

では、どうすれば単調なあいづちに、ならないのでしょうか。

カウンセラーが打つ相づちを、参考にしてみよう

そこで、カウンセラーが打つあいづちを参考にしてみましょう。実は、ベテラン・カウンセラーは、相手の話し方に応じて、あいづちに強弱をつけています。例えば、話をしている相手が、強調しながら話を進めている場合は、深くうなずきながらあいづちを打ちます。

また、相手が苦しい胸の内を話している場合は、声のトーンを低くしながらあいづちを打っているのです。一番大切なことは、相手の気持ちを受け止めることです。このことが理解できれば、自然と適切なあいづちも打てるようになることでしょう。

さて、あいづちや、会話・雑談のコミュニケーションスキルを学びたい方は、話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室をご利用になるのが一番でしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/会話,雑談力/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修