話し方教室東京 教養講座|自分を外向的にするためのコミュニケーションの方法

外交的になるには、進んで自ら動き、他人に関わること

外交的になりたいと思っている人は少なくない。そんな人は、会話の中で、まず自分の持つ知識や経験を、相手伝えることが大切になる。

相手に興味を持ってもらうことで、話が発展したり、新しい出会いにもつながっていく。そのためには、イベントや会合などに参加し、積極的に多様な人と関わりを持っていくことだ。

会話の環境づくりをして、小さな会話から始める

イベントや会合など、大勢の人の中で話を始めるのは、慣れていない人にとって挑戦といえるかもしれない。しかし、多くの人達は、他人の方から話しかけて来てくれるのを待っているもの。まずは、たわいもない会話から一歩を始めればよいのだ。

ちなみに、「会話の環境」は大事だ。スマホやタブレットなどの存在は、お互いの集中力の低下につながってしまう。会話の妨げになるものは周りに置かないほうが良いだろう。

話し方教室の視点「外交的になるために、コミュニケーションスキルを向上させよう!」

(要点)
1.外交的になりたければ、イベントや会合などに参加し、自ら積極的に多様な人と関わりを持っていくこと。

2.多くの人達は、他人の方から話しかけて来てくれるのを待っている。たわいもない会話から一歩を始めればよい。

物事の成功の秘訣は「小さく生んで、大きく育てる」である。

(視点)
外交的になるにも、いきなり大きなことは考えずに、身近なところで一歩を踏み出すことが肝心だ。そして徐々に、付き合いを大きくしていけばよいのである。

しかし、会話のスキル(コミュニケーションスキル)が拙いのでは、相手が退屈して「好感」を持ってはくれないだろう。好感を持ってもらえなければ相手からの「紹介」は得られない。結果、付き合いは広がらないのは道理である。

そこで「外交的になる」ことに取り組む前に、「会話・雑談」のスキルは磨いておきたい。会話・雑談の名門校日本コミュニケーション学院東京がある。ご利用になるのが良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

©話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション能力開発の名門・日本コミュニケーション学院 東京/会話,雑談力/話し方教養講座・スタップ委員会/学院総長監修