話し方教室「話材/中間管理職の悲哀」

中間管理職の悩みとは?

中間管理職が抱える悩みのベスト5は、以下のようになっています。

1.業務量が過大
2.業務目標が高い
3.他部署との連携が不調

4.担当業務の難度が高い
5.会社の将来に不安
(2007年・日本経営協会調査)

1.2.4.は、同一の悩みと言ってよいでしょう。

つまり、会社の目標が高いので、担当部門目標も高くなる。
合わせて、内部統制や法令順守やらで、業務の難度も高くなった。
その結果、業務量過大に繋がったと考えられるからです。

3.は、各部署の利害が絡み合うので、うまく連携が取れないということでしょう。どこの会社でも、よく見られることではあります。

5.は、会社の将来が自分と家族の(経済的)将来を直接左右するのですから、よく理解できます。

責任は大きいが、権限は小さい管理職の実態

以上から透けて見えてくるのは、「責任」は大きいけれど「権限」は意外と小さい。だから自分の思うように物事を「決定」出来ずに、ストレスを溜め込んでいる中間管理職の姿です。

最近うつ病の管理職が増えて来ているのも、ここらあたりに原因がありそうです。

それでも中間管理職に頑張ってもらわなければ、日本経済の将来はありません。ですから、「 ガンバレ!!中間管理職!!」と言うよりほかはありません!

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京/話材