日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「話材/メタボ対策について」



メタボは10年、20年の生活習慣の結果

「メタボ」という言葉が一般的になりました。正確には「メタボリック症候群」。簡単な目安は、へそ周りの胴囲が、男性で85センチ、女性なら90センチ以上はメタボ。

メタボは10年、20年と脂肪を蓄えてきた結果です。それを激しい運動や過酷なダイエットを行い、たったの1〜2ヶ月で解消しようとするのは、そもそも無理があるように思えます。

メタボ対策は、自分が「快」になる方法を見つけるしかない

私が経験からお勧めするのは、軽めの有酸素運動と、(少し多めの)野菜からとりはじめる食事です。ちなみに、100キロカロリーを消費するための有酸素運動は、以下のようなものです。

①早足ウォーキング30分
②エアロビックダンス30分弱
③軽いジョギング20分弱

いずれにしろ自分が「好き」になれない、「快」になれない方法では決して長続きしませんから効果がでません。

自分にあった方法が見つかるまで、試行錯誤を繰り返す。その「諦めない心」がメタボ対策の唯一の鍵になりそうですね。


話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京/話材 
  • 2009年1月30日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。