話し方教室「伸びのある、疲れない発声法」

正しい発声法のポイント

楽に声を出し、長時間のどが疲れないで話す秘訣は、正しい発声法にあります。 ポイントは二つです。

1.首・肩の力を抜く。
2.お腹から声を出す。

でも、言うは易く、行うは難し。

首や肩の力を抜くポイント

首・肩の力を抜くにはストレッチが有効です。

まず首をゆっくり右に倒します。右手を左側頭部に添えて腕の重りをかけてやるとスムーズにいきます。「8」を数えます。

続いて、同じ要領で首を左に倒します。右左、それぞれ2〜3回ずつ行いましょう。

お腹から声を出すポイント

お腹から声を出すにはイメージが大切です。

酒井流では「お腹は風船」とイメージします。風船は息が入れば膨らみ、息が出ていけば萎(しぼ)みますよね。

では、椅子に浅めに腰掛けたらチャレンジです。

まず、口から息を吐き、お腹風船を萎ませます。次に、鼻から息を吸い込みお腹風船を膨らませます。お腹が膨らんだら、今度は「はーひーふーへーほー」と息を吐きながら言ってみましょう。

これを5〜10分繰り返します。

いかがですか。首・肩の力が抜け、お腹から声が出たのではないでしょうか?

何事も習得するには根気が必要です。しばしば実施して、いつでもできるようになるまで身体に覚えこませて下さい。

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院東京/発声発音