話し方教室「朝顔が咲いてた!」

コミュニケーション・カフェ
話し方教室・学院総長の 今日のコラム:「朝顔が咲いてた!」

今朝の通勤電車の車窓から、ふと線路脇を見ると、朝顔が咲いていました。

そのエリアは、駅やホームからは遠く、人が立ち入る所ではありません。誰かが植えたのではなく、自然に自生したのでしょう。

周囲の環境が決して良いわけではありません。線路下や枕木の間に用いる石をご存じでしょうか。そのゴツゴツした石の間から朝顔が顔を出していたのです。水も十分にあるとは思えない環境です。

朝顔たちは、夏が来たから、ただ淡々と咲き誇っていたのでした。太古の昔からの体内時計に従って、ただ淡々と。可憐でした。健気でした。そして力強くもありました。

そう言えば、「朝顔に 釣瓶(つるべ)取られて もらい水」という句がありましたね。当時の日本人の優しい心がわかります。今の私達は、その優しさや余裕を持ち合わせているでしょうかねぇ・・・。

「朝顔に 釣瓶取られて ちぎり捨て」。今の日本人が、そうなっていないことを切に願いたいものです。

©話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の日本コミュニケーション学院