話し方教室「話材/あ~、麗しの博多」

7月前半の博多は、山笠一色

今、出張で博多にいます。今月1日から15日までは博多は山笠一色です。考えてみれば、私はこの25年で、200回以上は博多に戻って来ているのですが、この山笠の時期に博多にいるのは初めてです。

何故か縁がなかった。でもテレビではよく目にしていましたし、山笠の舞台となる櫛田神社にはしばしば参拝していましたので、縁がなかったのが嘘みたいに思えるのです。

博多は、日本というよりもアジアである

ところで、1日に東京を発つ時は、そこそこ暑いには暑かったのですが、博多に着いたら、なんとまあ蒸し暑いこと。やはり、ここは日本には違いないけど、それ以上にアジアなのです。

ちなみに、晩秋にコートを着て東京を出て、博多に着いたら脱がないと暑い、なんてことはたびたびです。

そういえば、最近でこそ、東京の交通機関の表示に英語や、中国語、ハングルをみかけますが、博多ではもう何十年も前から、中国語やハングルの表示がありました。

だから私は、博多に戻るたびに、いつも「博多はアジアだ。そして、東京よりもずっと国際都市だ」と思っていたのです。

博多の良さを外国人が教えてくれた

博多を愛してやまない私ですが、博多の良さを教えてくれたのは、実は外国の方でした。アジア諸国の人達も、欧米の人達も共通のことを言っていたのです。

それは、「博多は大きな都市でありながら、豊かな自然がすぐそばにある。きわめてバランスのいい街」ということです。

確かにそうなのです。大きな都会で買い物や食事、遊びを楽しめます。でも、その都会から車で20分も走ると、泳げる海や、景色のきれいな山があるのです。

絶妙のバランス。麗し(うるわし)の博多。毎日帰りたいなぁ~。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話材