話し方教室「話材/自然暮らしはいいけど、虫がねぇ・・」

自然の中で暮らすのは、とてもいいけど・・

皆さんこんにちは。いかがな夏休みをお過ごしですか?

私の7月の夏休みは、もう終わりました。今夏は九州・福岡の山の中のログハウス(自宅)で過ごしました。自然の中は、ほんといいもんです。虫がいなければ・・。

今回は参りました。風呂で15cmもあるムカデに遭遇するわ、2階の軒下でスズメバチとその巣をみつけるわ。そして、まさか自分で退治することになろうとは。

スズメバチ退治は重装備で

ムカデは熱湯をかけて退治。これは簡単でした。

問題は、攻撃的なスズメバチをどうやって退治するかでした。まだ巣のサイズはソフトボール程度の大きさでしたので、スズメバチ専用の強力殺虫剤で自ら処理することに決定。

長袖の重ね着、長ズボン、帽子に、ゴーグル、ゴム手袋という重装備で臨みました。

ハチ退治は、蜂の巣外での活動が終わる完全日没後に決行。

あたりが真っ暗になってから、2階の部屋の窓の網戸を少しずらし、ゴム手袋をした手と顔をちょこっとだけ網戸から出した体勢で、いざハチと勝負。

市販のスズメバチ専用・殺虫剤の凄さ

それにしても、スズメバチ専用殺虫剤の威力の凄かったこと!

2メートル先にある巣まで、物凄い勢いでジェット噴射。巣を白いもうもうとした白煙が包み込みます。30秒間、缶が空になるまで噴射し続けました。

その威力は歴然。

翌朝明るくなって地面を見回すと、退治されたハチたちの残骸がそこここに。飛び回るハチが全くいなくなったことを確認して、巣も撤去。

あ~やれやれ。刺されないでよかったなーと、まずは安堵。

しかし、まさか一生の内に一度でも、自分がスズメバチ・ハンターになろうとは思いだにしませんでした。2度目の対戦は、もう御免こうむりたいところです。

皆さん、どうぞ、危険な虫たちには充分に注意され、夏休みを存分にお楽しみくださいね。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話材