話し方教室「士業には、高度・専門力と、高度・話力が必須」

士業も大変な時代に

「士業」という職業があります。ご存じjの通り、弁護士、会計士、税理士、社労士などの資格をもって仕事をしている人達です。

20~30年前は、まだ彼らの絶対数が少なかったですし、景気も今ほど悪くはなかったので、彼らはそれなりに稼いでいました。

でも、今は時代が変わってしまったのです。資格保有者が増加しているのに、景気はよくない。競争は激化している。だから今の時代、どの士業の方たちも稼ぐのが大変です。

全く稼げない士業の方も沢山います。

士業の顧客開拓法

ちなみに、以前は、依頼人が、依頼先(士業)を見つける方法といえば、電話帳や、士業の団体に相談に出向く、または、誰かの紹介を受けるなどでした。

いまは、①まずHPで探す。そして、いくつかピックアップした後は、②電話で話を聞いて決める。

③依頼期間が長くなるケースでは、さらに、実際に相談を受けに行ったり、セミナーを受講してみて、依頼先を決めています。

依頼人がそうですから、依頼される士業の方たちの顧客開拓アプローチ法も変わってきました。

①まず、HPを制作する。②電話での相談や、面会相談に応じる。③セミナーを開催して、顧客を獲得する。こんなプロセスに変化してきています。

士業には、「1時間話せる・話力」が、必須能力に

特に、彼ら士業の方にとって難関なのは、③の顧客開拓法です。

セミナーを開催するには、「話力」が必須になります。3分スピーチ程度の話力ではありません!「1時間話せる」話力が求められるのです。

でも残念ながら、多くの士業の方は、専門の勉強はされてきているのですが、「高度な話力」を開発してきてはいないのです。

でもご安心ください。「セミナーを開催して、顧客を獲得する」方法に、二の足を踏む必要はありません。

そのために我が校では、講演,研修,セミナー講師の・1時間話せる・話力開発コースを用意しているのです。そして、そのプログラムで、毎月多くの士業の方が学んで、高度話力を自分のものにされています。

本コースは、本学自信のプログラムです。業界最強・業界最高速のプログラムと言っても過言ではないでしょう。すべての士業の方に、強くお勧めする次第です。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話力開発

※「話力」は、本学の「特許庁・登録商標」であり、どなたも本学の許可なく使用することはできません。