日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「卒業生が『会話・雑談コース』の受講体験記をよせてくれました-2-」


以下、「佐藤さんの・受講体験記」本文です。
前回からの、続きです)


ちなみに、私が抱えていた課題ですが、学院のホームページに掲載されている「名古屋の28歳の男性の話」とほぼ同じでした。

私は、独身で婚活をしています。

お見合いパーティーに参加すれば3分間、相手と自由に話す時間があります。でも途中で話が終わってしまい、そのまま沈黙で3分間が終わってしまうことが頻繁にあり、うまくいきませんでした。

婚活の会話をうまく弾ませたいという思いから、日本コミュニケーション学院のコースを受講することに決断しました。

学院に通って変わったことは、会話することが楽になったことです。以前は、自分が一生懸命話さなければならないという気持ちで話をしていました。

学院の講座を受講することで、酒井メソッドを学ぶことができ、会話がすごく楽になりました。

学院に通うまでは、「会話は、話のネタで左右される」、「沈黙はよくない」ということを他の教室や他のセミナーの講座で学んできたので、「会話が止まらないようにする」ために必死でした。

そのため、会話が違う方向にずれてしまうことが多々ありました。

日本コミュニケーション学院で、私の課題であった「会話で何を話したらいいかわからない」が無くなり、お見合いパーティーで話すのが、楽に楽しくなりました。

また、相手と話す時間が増え、相手の表情が学院に通う前と比べて良くなりました。会話は才能だと、なかば諦めておりましたが、歴然としたスキルがあるのがわかったことには驚くばかりです。

婚活での結果は残念ながらまだですが、相手と話して盛り上がる機会が増えて、学院で受講してよかったと思っております。

最後に他の会話教室や、通信講座と日本コミュニケーション学院との決定的な違いは、その人に合ったメニューを用意してくれていることです。また、その人に合った方法を教えてくれるのがいいところです。

通信講座と異なり、自分の悪い癖や、自分では理解していないところを発見してもらえるので助かりました。

受講料は決して安くはありませんが、私は、「会話雑談コミュニケーション・専門特化コース」を自信を持ってお勧めすることができます。

(体験記は、ここまでです)



佐藤さん、体験記をおよせいただき、誠にありがとうございました。

私(酒井)は、いつも思うのです。正しい指導というものは、いともあっけなく、結果を出せるものであると。

本学は、これからも業界トップ・スクールとして、ただ一つの真のプロフェッショナル・スクールとして、その誇りを胸に歩んで参ります。どうぞ、長くお見守りくださいね。


コピーライト 会話,雑談力も話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/本学の使命


  • 2012年11月06日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。