話し方教室「占師の話し方のコツとは?」

占師が相談される相談内容とは

手相占いをされる方が、受講生の中にいらっしゃる。その方が占いのコツを私に教えてくれた。ポイントはいくつもあるのだが、私が興味を持ったのは、仕事柄、「話し方のコツ」についてのものだ。

まず、相談内容は、若い人と中高年では当然違っている。若い人は、恋愛や結婚についての相談事が多いという。一方、中高年の相談は、お金、老後、健康についてだそうだ。なるほど!

占師の話し方のコツ

そして、興味深いのは、話し方のコツ。そのコツとは、いい点を指摘するときは、ストレートに、はっきり言うそうだ。少し大げさでもいいから、いい気分になってもらうことが大事だという。

一方で、悪い点を指摘する時のコツとは、遠まわしで、ほのめかす感じで伝えるのだという。不安やショックをやわらげるためだ。

私はてっきり、占師の仕事は、診断の的確さや、アドバイスの着眼点が一番重要なのだろうと思っていた。でも、実際は少し違ったようだ。

売れっ子は、相手が求めている話し方をする

思うに、どんな仕事でも、売れっ子と、売れない人がいる。その分かれ目は、専門知識の量や判断の的確さだけではない。相手が求める話し方ができているかどうか、ここも勘所なのだ。

「相手が求めているものを提供する」、これは、売れるセールスマンの極意である。占師も仕事を取ることが大事という点では、彼らもセールスマン(ウーマン)の一人と言っていい。

そうすると、彼らも、相手が求めているもの(話し方を含め)を、お客さんに提供する必要がある、ということなのだろう。

「相手が求める話し方ができているか」。これは、私自身も時折自問していることなのだが、なかなか難しいことだと思っている。

さてさて、皆さんは、相手が求める話し方が できていますでしょうか?

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/占師の話し方