話し方教室「話材/KY,WBS,OKY 略語ご存じですか?」

略語:KY

色んな略語が流行っている。たいていは、若い子の間から広まっていくようだ。少し前だが「KY」がはやった。ご存じ「空気読めない」の略語である。

実は私は、「KY」なら30年も前から知っている。

ただ、空気読めないの意味ではない。「危険予知」のことだ。KYは、災害事故が起こりやすい建設業や交通企業などでは良く知られてきた言葉である。

その意味は、「現場のどこに危険が潜んでいるか、あらかじめ検討して、あらかじめ対策を打つ。そして事故が起きないように、未然に防ぐ」というものである。

略語:WBS

今日、日経新聞にこんな略語が出ていた。それは「WBS」。夜のビジネス・ニュース番組のことではない。

日本本社の上司(ボス)が、海外現地法人・駐在員の日本人部下に対して、日本の理屈を無理やり押しつけて命令する。そうすると海外の現場でトラブルがおきてしまう。

そんな時に、現地駐在員の間で囁かれる言葉だという。つまり、「分かるまで、ボスを、説得しろ」。それがWBS。

略語:OKY

おまけに、「OKY」も書いてあった。その意は「お前が、来て、やってみろ」。なかなかおもしろい!と言っては、現場で苦労している駐在員の方々に失礼か・・。

私の略語:AKB

じゃあ私も、と調子に乗って考えてみた。「AKB」なんていかが。いえいえ、アイドルグループとは全然関係なく、「アホ、カス、ボケ」のこと。何か、大阪の人達が怒った時に言いそうではないか。

ちょっと悪趣味でしたか!? AKB48ファンの皆さん、皆さんの大好きなアイドルとは全然関係ないから怒らないで下さいね!

私の略語:CJI

もうひとつ、「CJI」なんてどうだろう。「コミュニケーションは、人生の、インフラだ」。実は、これは私の口癖。

まさに私は、コミュニケーションとは、人生を生き抜くために必須の、インフラ(つまり、人生基盤)だと考えている。

中でも会話雑談コミュニケーション・スキルと、スピーチ・コミュニケーションスキルは、人生に必須の最低限のインフラと言っても過言ではない。

我が校は、単にコミュニケーション指導を行っているスクールではなく、よりよい人生を生き抜くための、人生基盤を提供しているスクール。

その使命を忘れずに、今後も、しっかり、歩んでまいります!

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話材