日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「これだけで嫌われてしまう!NGな話し方」


やってはいけない話し方


人と関わる上で、絶対にしてはいけない話し方があります。その一つに、「相手のことを決め付ける」話し方があります。

たとえば、「Aさんが、そういう人だと思っていなかった!」や、「Aさんはこの間失敗したから、また失敗するでしょ!」のような話し方です。これでは相手に、不愉快な思いを与えてしまいます。

ですので、相手に対する偏見は捨てることが大事です。

もう一つ、「自分のことを棚に上げる」話し方。これもいけません。自分のことは棚にあげて、相手をけなす人がいますが、これでは人に嫌われてしまいます。

人付き合いは、「決め付けないこと」、「謙虚な気持ちを持つこと」を心がけるだけでも、良好になっていきます。


 


「聞き取りづらい話し方」も困りもの

ボソボソ小さな声で話す人がいます。これでは相手に伝わりづらく、かといって、大きすぎる声で話せば、相手や周囲に不快感を与えてしまいます。

また、話すスピードも、速すぎると相手が聞きづらいのはご存じの通りです。ですから、人と話すときは「ハッキリ、ユックリ」を意識することで相手に自分の言葉を伝えやすくなります。
 
嫌われる話し方の改善


好き好んで、人に嫌われようと思っている人はいません。人に嫌われるときは、無意識の場合がほとんどです。そのため、まずは「客観的に自分と向き合う」という意識が必要となってきます。

その上で、相手の立場に立って物事を考えることができるようになれば、コミュニケーションはずっと円滑にいくようになることでしょう。


(C)話し方の改善なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座委員会/会話・雑談力/学院総長監修


  • 2015年6月22日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。