話し方教室「伝えたいことをキチンと伝える話し方の技術」

伝えたいことは、本当に伝わっているか?

ビジネスにおけるコミュニケーションとは、社内の報連相だけにとどまりません。

自分の会社の技術を他社に理解してもらう、商品やサービスの質の高さを知ってもらい購入していただく、そんな場面も少なくないでしょう。

今回は、あがり症でうまく言葉が見つからないという方や、他の話し方教室に通ったけど、いまいち、自分の考えをうまく表現できない方々に、本学の「明確に伝えるテクニック」をご提供しましょう。

「キチン」と伝える3つの工夫

1.3ポイントルールで話す

皆さんは商談の際に、自分の持っているサービスや商品に関する知識をすべて相手に伝えたけれど、結局、論点はなんだったのか分からない話になってしまった、という経験はないでしょうか。

いくら話題が多くても、話が盛り上がったとしても、伝えたいことの輪郭がボヤけてしまっては意味がありません。そこで、「伝えたいことは3つに絞る」のが「3ポイントルール」です。

実はこれは、話の達人たちが、昔から活用してきたルールです。最近では、あのスティーブ・ジョブズも、スピーチの冒頭に「今日は3つのことについて話をしたいと思う」と述べてから、話を進めていました。

3というのは、相手の記憶に無理なく残すことのできる数字です。使い方は、まずはじめに、伝えたい3つのことを提示します。そして、話題が変わるときは、「次に〜」というように明示して使っていきます。

2.メリットの具体化をして話す

伝える際には、聞き手のメリットを考えながら伝えることがポイントです。相手のニーズに合わせてメリットを伝え、それを具体的に砕いて話すことで、聞き手は自分自身のこととして考えやすくなるのです。

例えば、「30ギガバイトという容量のスゴサ」を語るときに、「音楽で7500曲、写真で2万5000枚、映像で75時間を記録できる」といった話し方をします。

「30ギガバイト」を、聞き手の生活レベルまで落とし込んで具体的に話します。そうすることで、聞き手はメリットをイメージすることが容易になり、興味をひくことにつながるのです。

3.データの見える化をして話す

またデータを示す場合は、聞き手が「目に見える」伝え方をすることもポイントになります。つまり「見える化」ですね。

例えば、夏になるとニュースでよく紹介されるのが、「ビールの消費量」です。

「昨年の日本でのビール消費量は何万キロリットルでした。今年ははたして、どれくらいになるでしょうか」などと、データが示されます。

でも、それだけでは、実際のところどのくらいなのかピンと来ませんので、「何万キロリットルとは、東京ドーム何杯分になります!」と言っているのを聞いたことがありませんか?

このように、人にデータを提示する際には、聞き手がイメージがしやすいように見える化することで、より印象に残りやすくなります。

上記のように、相手を気遣った話し方をすることで、自分の考えをより鮮明に伝えることができます。

この話し方のテクニックをマスターすれば、少ない言葉であっても、多くを語ることができるようになることでしょう。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/スピーチ/学院総長監修