話し方教室「人を説得できる明瞭な声を、ボイス・トレーニングで手に入れる!」

いい声は、訓練で手に入れる!

発音が悪いのは、生まれつきだとあきらめてはいませんか?
実は少しのトレーニングとコツで、声は変わります。よく通る、明瞭な声の出し方を習得しましょう。

声がいいと、印象が良くなり得をする!

はきはきと明るい受け答えをすると、面接でも合コンでも、第一印象が劇的に良くなります。

明るい声だと、電話の印象が良くなり、会社のイメージアップにつながります。仕事がスムーズになります。

良く通る声は、説得力があり、迫力あるプレゼンテーションができ、業績が上がります。

良い声でコミュニケーションがうまくいくようになり、人間関係まで改善されます。人生に自信がつきます。

よく通る、いい声にする・ボイストレーニング

初歩的な方法として腹式呼吸の習得があげられます。練習して身に付けましょう。みぞおちの下が膨らむように、鼻から5秒で息を吸います。お腹をへこませながら、10秒かけて息を吐ききります。10回繰り返します。

大きな声を出すには、腹式呼吸でゆっくり息を吸い、1度止めて、腹筋を使って思いっきり「あー」と声を出します。

遠くまで声を届けるためには、種飛ばしの時のように、腹筋に力を入れて、声を遠くの方に飛ばします。

発音を、明瞭にする・ボイストレーニング

滑舌を良くする方法は、舌の筋肉を鍛えることです。「らあ・たあ・なあ・かあ・さあ」と言ってみてください。舌が良く動いていることが分かります。

明るい声を出すには、口角を上に上げます。「あー」と声を出しながら、口角を上げてみましょう。声が明るくなりましたね!

歯切れ良く話すには、「お・は・よ・う・ご・ざ・い・ま・す」と1音ずつ区切って発音してみましょう。口が良く動きます。続いて滑らかにつなげて発音します。

始まりの音と最後の音を、はっきり発音すると、歯切れ良い話し方ができます。

早口練習で、口が回らないのは、口の周りの筋肉が鍛えられていないから。口の周りの筋肉を鍛える体操をしましょう。

「あ・え・い・う・え・お・あ・お」
「あえ・えい・いう・うえ・えお・おあ」
の発音を、はっきり・ゆっくりから、だんだん早くしていきます。

声が良いと相手に与える印象も良く、明瞭に話すことで思いがしっかり伝わります。是非、身につけてくださいね!

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/発声発音/学院総長監修