日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「営業(セールス)を成功させる要因とは何か?」


売れる営業マンのタイプとは?

営業は話し上手でなければならない、あがり症や話下手では営業に向いていないと、思っている人が多いようです。

しかし、実は、ベラベラとまくし立てるような話し方をする営業マンよりも、じっくりとお客様の話を聞く営業マンのほうが成績が良いのが実際です。




営業(セールス)
のカギは信頼と的確な説明

営業に一番大切なものは、お客様からの信頼です。勇んで説得することでも、流暢なセールストークでもありません。信頼をベースに、求めに応じて的確な説明をすることが大事なのです。

ですから、お客様とのコミュニケーションを密にして、信頼を得ることに努めましょう。でも、いきなり信頼してもらうことはできません。まずは、親近感からでしょう。

親近感が増せば、警戒心が減少していきます。ただの知ってる人から、顔なじみ、親しい仲になるためには、頻繁に会うことが肝心です。

一回に長く会うのではなく、短く何回も会うのです。始めは挨拶だけでも、少しずつお客様が知りたがっている情報を話せば、耳を傾けてくれるようになります。

お客様の立場で話す

話しながらお客様が何処に関心を持っているか、何を欲しがっているかを判断します。その要素について話を進めていきましょう。お客様が得をする方向に話を持っていきます。

お客様の気持ちを大事にして、要望や疑問を一つ一つ丁寧に説明して、お客様が契約したいと思うまで待ちます。必要なことだけ話してお客様が考える時間を充分にとることが大切です。

自分の売るものの特長は何か、どうすればお客様が喜んでくれるかを考えて、話す内容を決めましょう。高い商品でも値段以上の高級感、お値打ち感を出すことは可能です。

「値は張ったが、良い買いものだった」
「このサービスなら、高いのも当然だ」
と思ってもらえるようにすればよいのですから。

営業(セールス)の目的は契約

勘違いをしている営業マンが多くて困るのですが、営業の目的は、「訪問」ではありません。目的は「契約」をとることです。ですから、営業は、クロージングをしなければなりません。

逃げないで、最後の一押しをしましょう。お客様の中には、自分で決断したい人もいれば、一押ししてもらわないと決断できない人もいます。見極めて契約をとりにいきましょう。

一人のお客様を大切に

紹介が次のお客様を連れてきます。満足していただいたお客様は、その話を誰かにしたくなります。だから商品を売るときは、どのくらいお客様のニーズに合った、喜ばれる商品を売ったのかが重要になるのです。

さて、営業を成功させるには、信頼感と、お客様の側に立った的確な説明が大切です。もし自信がない方は、本学の営業開発講座で学んで、揺るぎない自信を手に入れてください。将来の自分への投資です。必ず活きてきます!


コピーライト 営業の能力開発なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/営業・セールス/学院総長監修


  • 2015年11月20日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。