あがり症克服の話し方教室「あがり症でも成功するプレゼンコツとは?」

明日はプレゼン、どうしよう!

「人前に立って話すことが苦手な人」、そう聞かれた時に、迷わず手を挙げてしまう・あなたへ。

どんな些細なことでも、人前に立つとなるといちいち緊張してしまう、あがり症なあなたは、きっと明日プレゼンテーションがあるというだけで、今からそわそわしていることでしょう。

他の人からいくら「大丈夫」と言われても、やはり吹っ切れず心配ばかりしてしまいます。そんなあなたのために、プレゼンテーションに失敗しないポイントをご紹介しておきます。

人前で話すことが苦手な人は、自分が失敗すること、格好悪い姿を晒してしまうことを恐れている場合が多いようです。恥ずかしいことと恐怖心がイコールで結ばれているのです。

では、あがり症の人のプレゼン対策を述べましょう。

プレゼンテーションのカンペを用意する

何を言うか忘れてしまった時に備えて、カンニング・ペーパーを用意しておきましょう。

カンペには重要なポイントだけまとめておきます。長ったらしい言葉を書いておくのは、実用性の観点からNGです。

カンペを見る際には「緊張で頭が真っ白になってしまったので、ちょっと失礼します」と一言添えて、さらりと、ポケットの中から出せばいいでしょう。

あなたがせっかく調査し、企画したことの成果を伝えられないのはもったいないことです。もし話す内容を忘れてしまったのなら、その時に対処できれば良い、と考えましょう。

初心者のプレゼンテーション目標は、低めに設定

人間は人からの評価に敏感です。悪く思われたくない、低く見られたくないと思うのは当たり前です。その想いが強ければ強いほど、人からの評価が気になってしまい、人前に立つことへ不安が生まれます。

しかし、もうこの際、自分への評価については考えることをやめましょう。「プレゼンを成功させるためだけに努力する」のです。笑いを取るだとか、関心させるだとか、そういったことは捨ててしまいます。

すると、プレゼンへのハードルが随分下がります。伝えたいことを、伝えるだけ。目標をシンプルに設定しましょう。

プレゼンテーションの練習、練習、練習

何事も練習なくして成功なしです。なるべく本番に近いシチュエーションで練習を行いましょう。

プレゼンもコミュニケーションですので、自分一人きりで行うよりは、友人や家族に聞いてもらうと、人前で発表することへのイメージが沸きやすくなり、より良い練習になります。

そして、肝心なのは第一声です。そこだけは完璧に言えるようにしておきましょう。第一声がするりと出てしまえば、後はその流れで話を始めやすくなります。

プレゼンテーションの経験を逃げずに積むこと

緊張することにも慣れはあります。経験を積むことで、段々と人前に立つことへの恐怖心は薄れていきますので、「(大変なのは)今のうちだけ!」と覚悟を決めて、挑戦し続けることが大切です。

誰でも緊張することはありますし、最初から完璧にできる人もいません。いま経験を積むことで、これから先が楽になっていくのです。

やはりプロに習うのが、プレゼン上達への近道

どうしても緊張してしまう癖を直したいという方は、本学の話し方教室・講座をご利用になるのがよいでしょう。ちなみに本学の講座では、スピーチやプレゼンテーションでの効果的な話し方も教えています。

この春訓練を始めれば、社会人生活、職業人生活がうんと早く、楽になります。大丈夫です!正しい訓練をすれば、きっとうまくいきますから。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/プレゼンテーション/学院総長監修