話し方教室「いい声を出す発声発音・ボイストレーニング法とは?」(話し方講座東京)

声で、その人の印象はガラッと変わる

今回のコラムは、話し方の中で大事な「声」に着目してみようと思います。皆さんは、相手の印象のうち、声がもたらす影響はどのくらいあるのかを、考えたことはありますか?

あなたが「何かでクレームの電話を入れて、(相手から)謝られたのに、どうも納得がいかない」、「友達の機嫌が、なんとなく悪そう」といったことを感じたとき、その原因になっているのは「声」である可能性が高いのです。

アメリカの心理学者であるメラビアンが唱えた法則によると、コミュニケーションにおいて相手に影響するものは、55%が見た目、38%が声、7%が内容、といいます。

この法則を前提にすると、モテるためにも、見た目と同じくらいに、「声」が重要ということになります。思うに、いい声には、安心感や信頼感が宿るものです。ぜひ、あなたも「いい声」をマスターしましょう!

いい声の出し方は、横隔膜を意識する

それでは良い声を出すにはどうしたらよいのでしょうか。一般的な話をしますと、そのためには、横隔膜を意識すること、となるでしょう。

肋骨の下に手を当てて、顎を下げ気味にして、息をしっかり吸ってみましょう。その後は、頬を膨らませて「hu~~~」と言いながら、息を吐き出します。息が唇を振動させながら流れ出ることを意識します。

これを1日4~5回でよいので行なってみます。簡単に、短時間でできるトレーニングですが、続けているうちに、横隔膜を使う感覚を意識できるようになることでしょう。

モテる男の声は、ハッキリ&落ち着いたトーン

女性から好感を得るためには、優しく、穏やか、そしてハッキリとした声で話すことが重要です。落ち着いたトーンの声質は、相手を安心させ、あなたをイメージアップさせます。そして、ハッキリした声で話すということは、相手に若々しいイメージを与えることにもつながります。

このようないい声で話すようになるには、日頃から冷静でいるように意識することが大事です。常に落ち着きを意識することで、話し方や発声発音もイメージに近づいていきます。

電話の際の声は、少しテンション高め

ついでに電話で話す時の声についても、述べておきましょう。電話の時の声の出し方のコツは、声のテンションを少し高めにするということです。

電話では、相手の顔が見えない分、コミュニケーションの情報が少なくなります。そのため、声のトーンで相手を不安にさせてしまうこともあるのです。電話で意識すべきは、話し方よりも「声」そのものです。

女性の中には電話好きの人も多いため、電話であなたに対する好感度があがれば、それは他の男性よりもアドバンテージになることでしょう。

©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/発声発音,ボイストレーニング/話し方教室入門講座・スタッフ委員会/学院総長監修