日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「聞き取りやすい話し方教室!口を大きく開けて発声してみよう」


聞き取りやすい話し方

あがり症で、なかなかうまく話せない。聞き返されたら、さらに、あがってしまいそう」とお困りではありませんか?

聞き返されると、話がしづらいと感じてしまうものですが、聞き取りやすくする話し方として、口を大きく開ける方法があります。口を大きく開けてゆっくりと話すと、それだけでも聞きやすい話し方となるのです。

 
発声・発音/画像:写真AC

(「気恥ずかしさ」より)相手の「聞きやすさ」を優先する話し方

口を大きく開けずに話すと、話す側としては楽に感じますが、相手は、聞きづらいと感じてしまうものです。

一方で、口を大きめに開けて話すことは、なんとなく気恥ずかしい感じもするものです。しかし口を大きく開けて話し、相手に「聞きやすい」と感じてもらうことは、コミュニケーション上とても大切なことに違いありません。

普段から口を大きめに開けて、聞きやすい話し方を心がけましょう。

ゆっくり話す、口を大きく開けて話す話し方をする

早口で話す人は、口を大きく開けずに話していることが多いものです。早く話そうとすると、なかなか口を大きく開けることができないためです。そのため、相手は聞きづらいと感じます。

早口で話している人は、まずは、ゆっくりと話すことを心がけてみましょう。普段早口で話している人が、少しゆっくりと話すだけで、ずいぶんと話が聞きやすくなります。

そして、ゆっくりと話すことに慣れたら、次は口を大きく開けることも心がけましょう。相手は、あなたの話し方がより一層聞きやすいと感じるはずです。

コミュニケーションとは、相手と意思疎通をはかることです。口を大きく開けながら話してみるだけで、意思疎通が円滑になるのならチャレンジしない手はありません。

もし、一人で練習したけど「難しい」と感じた方は、本学の話し方教室で学んでください。そうすれば、すぐに効果的な方法を身に付けることができますから。

コピーライト 聞き取りやすい話し方なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院 入門・プレ講座 スタッフ委員会/発声・発音/学院総長監修 


  • 2016年7月04日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。