話し方教室「説得力アップの秘訣〈キーセンテンス、キーワードを強調しよう!〉」

重要なセンテンスやワードを強調して説得する

いざ、相手を説得しようとしても、うまく説得できるかどうか悩んでしまい、説得に自信が持てないと感じることはありませんか。

あがり症だと、特にそのように感じるのではないでしょうか。

説得力を高めるためには、自分の気持ちを押し通すだけではなく、相手の気持ちを尊重することも大切です。そのほかに大切なことの一つとして、重要なセンテンスやワードを強調することがあります。

キーセンテンスやキーワードを丁寧に述べて説得

説得力を高めるためには、話し方を工夫する必要があります。特に大事なキーセンテンスやキーワードを丁寧に強調することが大切です。

例えば、部下に2日以内に見積書の作成を依頼するとします。見積書を早めに作成することで、今後は大きな売上が期待できるとしましょう。

こんな時、「見積書をあさってまでに作成してくれないか。急がせるようで悪いが、早く作成すれば、大きな売上が見込めるんだよ」と言いますよね。

その時、特に、「早く作成すれば、大きな売上が見込めるんだよ」の部分を、ゆっくりと話し強調すると効果的なのです。

これで、部下は、早く見積書を作成しなければならない事情を飲み込むことができることでしょう。

相手のメリットも、忘れずに説明して説得

さらに効果を高めるためには、相手のメリットを強調すると良いでしょう。

先ほどの例では、早く見積書を作成することで大きな売上が見込めることを説明しましたが、さらに、大きな売上が上がることによる相手のメリットも強調するのです。

例えば、「今回の見積りで大きな売上が上げられれば、リピーターになる可能性がある。売上が継続的に上がるなら、ボーナスに反映される可能性もあるぞ」と、やはり、ゆっくりと伝えるわけです。

説得とは、一方的なものではなく、双方のコミュニケーションです。説得に自信が持てない人は、本学の話し方教室講座で理解を深めて下さい。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション/説得力