会話・雑談の話し方教室「人間関係を円滑にする話し方!そのポイントとは?」

対人緊張がある人のコミュニケーションのコツ

人間関係を円滑にするコツとして、コミュニケーションをうまくとることがあります。しかし、対人緊張のある人は、どのような話し方をすれば良いのかと、戸惑ってしまうことがあるのではないでしょうか。

実は、人間関係を円滑にするための話し方は、ちょっとしたポイントをおさえるだけで十分なのです。

今回は、そのポイントをご紹介しましょう。

相手の話を良く聞き、相づちを忘れずに会話する

人間関係を円滑にするためのポイントは、「相手の話を良く聞く」ことです。

人は誰しも、自分の話を聞いてもらいたいと思っています。話が下手な人でもそうなのです。ですから、相手の話を良く聞くように心がけることが大切です。

相手は、話を聞いてもらえるだけで気分良く感じるものです。

また、相手の話を聞いているときは、「相づち」も忘れないようにしましょう。せっかく話を聞いていても、相づちがなければ、相手は「私の話に興味がないのだろうか?」と感じてしまいます。

そして、相づちを打つときは、いくつかの違った言葉を使った方が良いでしょう。

「うんうん」、「なるほど」、「そうなんですか!」、「いいですね!」といった具合にです。これで、相手は楽しく話ができることでしょう。

相手の話の腰を折らないで会話する

もう一つのポイントは、「話の腰を折らないようにする」ということです。

あなたも「今、話をしたい!」と感じるかも知れませんが、相手がせっかく気分良く話をしているときに、あなたが急に違う話題を切り出すと、会話の流れが台無しになってしまいます。

話の腰を折らずに、まずは相手の話を最後まで聞いてあげることが大切です。もし、あなたが話をしたいのなら、相手の話が一区切りついたところで話し始ればよいのです。

会話はキャッチボールです。相手が一通り話したところで、今度は、あなたが話を始めるという流れで会話を進めて行くといい感じになります。

本学の話し方教室では、良好な人間関係を築く会話の授業を実施しています。早く上達したい方は、本学のようなプロのスクールをご利用になることも賢明な方法ではないでしょうか。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/会話・雑談力/学院総長監修