日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「ロジカル・コミュニケーション(論理的話し方)を身につけよう!」

 
ロジカルコミュニケーション/イメージ画像


ロジカル・コミュニケーションって何?

「ロジカル・コミュニケーション」という言葉を何度か聞いたことがあることでしょう。その意味するところはご存じだとは思いますが、念のため、簡単に解説しておきましょう。

ロジカルとは、論理的という意味。ロジカルコミュニケーションとは、自分の考えを論理的に説明する話し方ということになります。

気のおけない仲間内の会話なら、好きなように喋っていても聞き流してもらえますが、ビジネスの場ではそうはいきません。ロジカルコミュニケーションが必要になります。

サッカー選手にもロジカル・コミュニケーションが必要

実は、ロジカル・コミュニケーションが求められる場面は、ビジネスの場だけに限りません。スポーツにおいても、このコミュニケーション方法は欠かせないのです。

たとえばサッカー。サッカーは論理的な判断とコミュニケーションが必要とされるスポーツです。

「なぜ、そこにパスを出したのか」、「なぜ、シュートを打たなかったのか」と聞かれた時に、「なぜなら、前にディフェンダーがいたから」と自分の考えを根拠に基づき論理的に説明することを求められるのです。

欧米ではサッカーは論理的なスポーツという意識が浸透していますが、日本ではその意識はまだまだのようですね。

ちなみに、海外で活躍できない日本人サッカー選手が多いように思いますが、その要因の一つとして、語彙力の問題もあるでしょう。しかし、それ以上にロジカルコミュニケーションに難があるのではないか、と私は思っているのです。

海外で活躍するためには、自分の考えを論理的に表現できなければなりません。外国語の単語をたくさん知っているだけでは、論理的説明ができることにはならないのです。

そして困ったことに、論理的に説明できないということは、自分の考えがないと見なされてしまいます。

ロジカルコミュニケーションをマスターする!

では、どうすればよいのでしょうか。その初歩的な方法の一つとしてPREP法のマスターがあげられるでしょう。PREP法については、これまでも何度か詳しく紹介してきていますので、ここでは簡単にすませます。

PREP法とは、話を、「結論(Point)」、「理由(Reason)」、「具体例(Example)」、「結論(Point)」の順番で述べるという方法のことです。「正しく使うことができれば」筋道だてた話になります。

さて、ロジカル・コミュニケーションが必要な場面はたくさんあります。本気で身に付けたい思う方は、本学のロジカルコミュニケーションBASIC講座ほか、をご利用いただくのがいいと思います!

ロジカルコミュニケーション力上級講座


コピーライト ロジカルコミュニケーションなら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/ロジカルコミュニケーション/学院総長監修   


  • 2016年8月16日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。