話し方教室「低い声で説得力大!低音を出す発声・発音のコツ」

低い声で話すトレーニング

テレビのニュースを見ていると、アナウンサーの声は全体的に低音であることが分かります。低い声で話をした方が、より落ち着きを感じさせるからです。

一方、高い声は、低い声に比べると落ち着くがなく、説得力も低下する傾向にあります。声の高い人が、低い声で話すためには、どのようにトレーニングすれば良いのでしょうか。

低い声での話すと相手は落ち着きを感じる

低い声には、雰囲気を落ちつかせる効果があります。

アナウンサーと言う職業は、ニュース原稿を読むのが仕事です。低い声で原稿を読むことで、落ちついた雰囲気を出せるほか、言葉そのものに重みを持たせることもできます。

そのため、普通の人でも大切な話をするときには、低い声で話すと効果的なのです。

声の低い人は、普段通りの話し方でも十分ですが、ややゆっくりと話すことで、より説得力を高めることができます。

一方で、声の高い人が急に声を低くするのは難しいことでしょう。そこで、声を少し低くしたい方は、以下の「声を低くするトレーニング法」を参考に練習してみてください。

声を低くするトレーニング法

低い声で話すためには、肺の下にある筋肉である「横隔膜」を意識しながら話すことがポイントです。

まず始めに、あごを下げ、口を開けて大きく息を吸い込みます。次に「あー」といいますが、始めに言う「あー」はやや高めに出します。

その後、徐々に声を低くし、声が低くなったら、数秒間低い声のまま「あー」と言い続けます。

ポイントは、横隔膜に響くように「あー」という言葉を発することです。息が切れたら上記の手順を繰り返します。この手順を一日何度か繰り返してみてください。

もし難しいと思った方は、本学の話し方教室講座で学ばれるのがよいでしょう。そうすれば声に自信がつきます。説得力の向上のみならず、コミュニケーションを取ること自体に自信が深まることでしょう。

©話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京 入門・プレ講座 スタッフ委員会/発声発音・ボイストレーニング/学院総長監修