プレゼンの話し方教室(東京)-ビジネスプレゼンテーションはシンプルに!

ビジネスコミュニケーションはシンプルに

フォーブズでは、マーケティングプレゼンテーションのためのアドバイスを掲載。コミュニケーションはシンプルであるべきであり、そのためのヒントを紹介している。

ビジネスコミュニケーションを中心に「K.I.S.S」というものがあり、これは1960年に米国海軍が設計したコミュニケーションの原則。「Keep it simple,stupid(間延びしない、シンプルに)」というものだ。

ほとんどのコミュニケーションは、簡潔に保つことが最も効果的であると述べている。

シンプルにプレゼンするコツは、聞き手視点

一方で、シンプルさを維持するのは簡単ではない。ここでは、言葉をシンプルにする方法を解説している。

まず、マーケティングなどで製品を紹介する際、機能や魅力を伝えることが優先されるが、相手は決断しにくい。それよりも相手にどのような価値があり、差別化を図り、サポートするものかを説明する。

コミュニケーションでは、業界用語は避ける。専門家と一般の距離を縮めるためには、平易な言葉に置き換えることが大切だ。

話が長い原因は、逸れているか、余計な言葉が多い

また、マーク・トウェインの言葉に、「もっと時間があったら、もっと手短な手紙を書いただろう」というのがある。シンプルにすることは非常に難しい。

そこで、話が長いと言うことは、逸れている、余計な言葉がちりばめられていると考える。相手は注意散漫になるため、できるだけ不必要な言葉を排除する。

関連して、トピックの範囲を広げすぎない。主要なコンテンツのポイントを軸に話すことが大切だ。

■ 記事関連・話し方講座/プレゼンテーション,プレゼン専門・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©スピーチ,プレゼンテーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会