話し方教室東京 教養講座-ビジネスプレゼンテーションを改善するポイント!

ビジネスプレゼンテーションには、マルチなスキルが求められる

「ニュースワイヤー」では、ビジネスプレゼンテーションに対して不安を感じる場合、見直すべきポイントを紹介している。

ビジネスプレゼンテーションでは、話し手の言葉、話す力や伝える力はもちろん、パワーポイントの作成、表計算やデータ集計、データ分析、図・表・グラフの作成、会場準備・設営、会場設備・備品の把握、視聴覚機材の操作技術などマルチなスキルが求められる。

プレゼン資料ではテキストを最小限に留め、ビジュアルを取り入れる

一般に、聞き手は、文字よりビジュアルを好む。ビジュアルは訴求力が強く、文字以上に優れたコミュニケーション形式である。それゆえ、テキストで書かれた内容は最小限に留め、ビジュアルを取り入れることが肝心だ。

そこで、図、表、グラフ、イラストレーションの作成には、GPU(Graphics Processing Unit:グラフィックス プロセッシング ユニット)を活用する。また、raphics Processing Unit:グラフィックス プロセッシング ユニット)を活用するとよい。

GPUは画像処理に特化したグラフィックボード搭載の演算用プロセッサであり、CPU(中央演算処理装置)よりグラフィック機能を多く駆使するため、高速で膨大な量のデータを処置する能力に長けている。

プレゼンテーションの質疑応答は効果的コミュニケーション

プレゼンテーションの時間配分には、質疑応答の時間も含んでいる。質疑応答の時間は、中盤から終盤に設ける。聞き手の注意を引き付け、プレゼンテーションの主題に興味・関心を持たせるうえで、質疑応答は効果的なアプローチであるといわれる。

あわせて、プレゼンテーションは、内容を一字一句暗記するのではなく、詳細なアウトラインを覚える。複雑な概念を説明する際は、事例を用いて説明すると分かりやすい。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓