話し方教室東京 教養講座-コーチングコミュニケーションで、組織活性化を実現する!

ビジネスにおいてコーチングは重要である

「ザ エンタープライザーズ プロジェクト」では、ビジネスにおいてコーチングは非常に重要であり、組織力の強化、人材開発・人材育成を促進すると説明ている。

コーチングは、企業や組織の人間関係を整え、目標達成への道標を示す。コーチは「サポート(支援)」「ガイダンス(助言)」を通じて、コーチされる側(つまりクライアント)に潜在能力・可能性・将来性を気付かせる。

コーチングにおいて、企業や組織内での役割、立場は関係がない。コーチは、適切なガイダンス(助言)や建設的なフィードバック(振り返り)を継続的に提供しながら、クライアントに必要とされるスキル・能力を習得させ、成長を促す。

コーチはクライアントの課題と能力を把握し、伸ばすべき部分を特定する

コーチングではオープンコミュニケーションのもと、カルチャーフィット(企業文化への適合性)に価値を置きながら、クライアントにキャリアパスを提示し、目標達成に向けて鼓舞していく。

それには、まず、コーチされる側が抱える課題や問題の本質を見極めたうえで、個々のスキル・能力を正確に把握し、伸ばすべき部分を特定する。

そして、コーチされる側に自身の現状を認識させ、トレーニングや練習を重ねて足りないスキル・能力を拡大して強化させる。コーチングを通じて自信は高まり、内面が変化・変貌を遂げる。

コーチは質問中心のコミュニケーションで、クライアントに気づきを促す

コーチングとは結果志向であり、結果を生むプロセスを重視する。コーチする側は、質問を投げ掛け、コミュニケーションを通じて相手の気付きを促す。知識を与えたり、意見したりすることはない。目標達成に向けて、相手の意思決定スキルを磨く手助けをする。

そのプロセスでは、ミスを学びの機会と捉える。つまり、ミスを共有して成長のチャンスに変える。客観的に分析して原因を突き止め、防止策を考えることにより、同じミスは二度と繰り返されないという。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コーチングコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会