話し方教室 教養講座-コーチングとは、本当の自分を知り、自分らしく満足のいく人生を送るための時間!

コーチはクライアントの内面の声を聞き、クライアントを広く深く理解する

「フォーブス」では、コーチングプロセスには「自分らしくあること」「自己を知ること」といった2つの異なる側面があると強調している。これらの類似点と相違点を理解し、本当の自分を知って自分らしく満足のいく人生を送るうえでコーチングが重要になるという。

まず、コーチングに先駆けて、コーチはクライアントと1対1で対話する時間をとる。クライアントが何を感じ、何を考え、何に感嘆し、何を望むのかを感じ取る。

コーチは偏見や思い込みを捨て、クライアントの話に注意深く慎重に耳を傾ける。クライアントの内面の声を聞き、効果的なフィードバックを行いながら個性や人柄をはじめ、態度、行動、能力、スキル、考え方、価値観など全ての側面を理解する。その際、肯定的な言葉を使い、決して否定的な言葉は使用しない。

コーチングとは、クライアントの現状と目標のギャップを埋めるプロセス

クライアントの内面世界(思考と感情)に対する理解が深まると、クライアントの価値観や信条が自ずと見えてくる。夢や願望、ビジョン、構想が具体的になり、そこから問題や課題を抱える現在と望む未来におけるギャップが明確になる。

そこで、コーチはクライアントと望むべき結果を得るために必要なことを話し合い、クライアントを取り巻く環境を加味したうえで具体的に目標を設定する。

コーチングとは現状と望むべき結果のギャップを埋めるプロセスであり、ギャップを埋めるための目標設定が欠かせない。なお、目標設定のフレームワーク「SMART」を用いた目標設定が効果的である。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓