話し方教室東京 教養講座-企業は従業員幸福のためにコミュニケーション、リーダーシップなどパワースキルを訓練せよ!

従業員の幸福に必要なものは何か

「フォーブス」では、従業員の心身の健康と充実した生活のために、職場環境に注目するべきだという専門家の意見を掲載している。それには、従業員に対してパワースキルを身につける訓練をする必要があるとしている。

会社では、福利厚生としてスポーツジムの優待やメンタルヘルスサービスの利用などを提供しているが、根本的な従業員の幸福につながっていない可能性がある。

ある調査によると、従業員の幸福には従業員の目的意識、社会的貢献度、経済的安定性、地域社会との関係、身体的健康と定義されていることから、最も効果的と考えられる福利は働きがいのある、または働きやすい職場を作り出すことだといっている。

そのためには、パワースキルを持つ人材の採用、また現在働いている従業員へパワースキルの訓練を行い、従業員同士が環境を作る必要がある。

パワースキルをどうやって開発するか

ちなみに、パワースキルとは、コミュニケーション、リーダーシップ、協調性、革新的な発想などであり、変革するビジネス社会の中で、柔軟に対応しキャリアを形成するために必要なスキルと言える。

まず現在のスキル状態を評価し、シミュレーションやリーダーシップ開発プログラムなどを活用してトレーニングを行っていく。回数を重ねる中で測定・分析を行いながら、スキル改善につなげていくことが望ましい。

パワースキル、ハードスキル、ソフトスキルの違いとは?

実は「パワースキル」が注目される以前から、「ハードスキル」と「ソフトスキル」という言葉がある。ハードスキルとは、目的達成のために必要不可欠な、機械の操作やプログラミングのスキルを指す。

そして、ソフトスキルはコミュニケーションを通じて、他者やチームを動かしていくためのスキルを指し、プロジェクトの機動性を高め、変化に対応し、プロジェクトを成功させるためのスキルである。

実際のところ、パワースキルとソフトスキルに大きな違いはなく、時代の変化に合わせて、その重要性を再認識させるために表現を変えたものと言えるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓