話し方教室東京 教養講座-ネイティブではないスピーカーが、英語で堂々とスピーチするコツ!

英語のパブリックスピーキングでは、発音とアクセントが重要

「ビジネスニュース」では、英語によるパブリックスピーキングにおいて、ノンネイティブスピーカーが堂々と自信をもって、効果的に伝えるには、英語の発音とアクセントを正しく表現することが重要であると助言している。

ノンネイティブスピーカーの場合、英語の発音やアクセントに不安を抱え、それゆえ、自信をもって話せないケースもある。そこで、発音やアクセントをマスターするのが、英語によるパブリックスピーキングにおける自信に繋がるという。

そして、発音やアクセント以外では、本質的にネガティブでマイナスなメッセージを取り除き、自信をもって自分を表現すると良い。

自分の個性や特徴に自信をもって、自分の魅力を伝える

ノンネイティブスピーカーが英語でパブリックスピーキングを行う場合、英語圏とは異なるバックグラウンド、アクセント、文化や習慣をもつゆえ、ネイティブスピーカーである聞き手に対して肯定的あるいは否定的な影響を及ぼす。

そもそも、話し手と聞き手におけるコミュニケーションは、文化や言語の違いからニュートラルではない。

それらを越えるには、パブリックスピーキングを通じて、話し手は、自身の個性や特徴を表現し、魅力を伝える必要がある。個性や特徴は財産であり、自信をもって自分を表現することで聞き手に強い印象や影響を与えられるという。

聞き手目線でパブリックスピーキングの内容を考える

思考の質に伴い、話の質も高まる。そこで、話し手主体ではなく、聞き手主体でパブリックスピーキング内容を考える。パブリックスピーキングの目的は、聞き手に対する情報伝達と説得であり、聞き手目線が重要になる。

それゆえ、パブリックスピーキングでは、話し手目線で主観的ではなく、聞き手目線で客観的に物事を捉えることを意識する。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓