話し方教室東京 教養講座-パブリックスピーキングの事前準備と練習環境を工夫せよ!

パブリックスピーキングで相手の信頼を獲得する

「テックブリオン」では、パブリックスピーキングで上手に話すコツとして、その事前準備と練習環境について紹介している。

会議やミーティング、商談や契約交渉、専門会議などビジネスにおいて、パブリックスピーキングの機会は多い。パブリックスピーキングによって、相手の興味・関心、信用・信頼を得ることができる。

スピーチの準備は、原稿の丸暗記にたよらない

殆どの人達は、パブリックスピーキングでは自分が話す内容を一字一句原稿に書き、それを丸暗記するのが良いと勘違いしている。しかしながら、丸暗記した内容を思い出しながら話すと、聞き手の興味・関心、共感や理解は得られない。

原稿の内容を思い出すことに必死になるあまりに不自然な話し方になり、聞き手は違和感を抱き、興味・関心を損ねてしまう。聞き手に対する印象は悪く、説得もない。

さらに、暗記した内容を忘れてしまった場合、思い出せない状況が、焦り、緊張、不安を増幅させ、パニックに陥る可能性もあるのだ。

スピーチの練習環境を工夫してみる

パブリックスピーキングの練習環境を工夫すると、不測の事態にもパニックにならず、落ち着いて話すことができるという。

基本的にパブリックスピーキンの練習は静かで集中できる環境で行う人が多いだろうが、時に、騒がしくて集中できない環境で練習するのも良いという。

携帯電話やスマートフォンの着信音、人の話し声、子供の泣き声など色々な雑音に慣れておくことにより、パブリックスピーキング中に例えば着信音が鳴って一度話が中断したとしても、再び集中力して自分のペースで話を続けられる。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓