話し方教室東京 教養講座-職場で必須となるコミュニケーションスキルなどソフトスキルを習得せよ!

職場で必須のコミュニケーションスキルと柔軟性

「ラダーズ」では、ソフトスキルの種類とその重要性について述べ、自身の持つソフトスキルを認識しておくことが強みになるとアドバイスしている。ソフトスキルは仕事のパフォーマンスにも不可欠な能力である。

ソフトスキルで重要なのは、コミュニケーションスキルだ。職場では、自分の主張を伝える能力以上に仕事の流れをよくするのに役立つ。相手に耳を傾け、必要な連絡を適切に行うことで仕事の生産性が向上する。

次に重要なのは、柔軟性だ。予想外のことが起こっても適応し別の判断ができる能力は、一緒に働く上司やリーダーにとっても価値のある存在となり得る。冷静さ、客観的な考え方、前向きさなどが評価される。

身につけたいコラボレーションスキルや紛争解決能力

さらに、職場のソフトスキルで必須となるのが、コラボレーションだ。共同作業でスキルを発揮できる人材は、リーダーシップをとるタイプと、自分自身の引き際を心得ているタイプに分かれる。このタイプの能力は交渉、委任、調停などにも役立つ。

ほかにも、職場で役に立つソフトスキルとして紛争解決とリーダーシップがある。問題をすぐに解決できる人は、予期せぬ問題に取り組み、それらをうまく対処できる。

また、リーダーシップ能力を持っている人は、必要な時に決断力を発揮し、問題解決に向けて素早く行動を起こすことができる。さらに、メンタルも強く挫折しにくい。

意外かもしれないが、労働倫理もソフトスキルの1つだ。これは仕事に対する誠実で前向きな姿勢を持っており、責任感もあるということ。そんな人は信頼されやすく、安心して任せられる存在だ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
↓登録はこちらから↓