話し方教室 教養講座-困難な時代、リーダーに求めらるリーダーシップとは?

危機的状況下のリーダーシップとは?

コロナウィルスが世界的に猛威を振るっている今、誰もがこの状況への対応方法を理解しようと周りを見回している。そして今こそ、優れたリーダーシップの必要性がかつてないほど明らかになっている。

しかし現在だけでなく、別の危機的状況時でも、人々は確実なリーダーシップを求めるものである。リーダーがどのように反応し対応するのか、そしてそれを示してくれるのかを見たいのである。

オン・ザ・マーク・ストラテジーズに、今リーダーが何をするべきなのかが記されていたので、ご紹介しよう。

厳しい状況下、リーダーは人間性と決意を示せ

リーダーはもちろん人間であるのだから、脆弱であり、欠点や不安やミスもオープンにする。そんな人間性を活かして、多大なるリーダーシップを発揮するべきなのである。

人々はリーダーに何を求めているか。まずは共感してもらえること、励ましてもらえることなのである。だがそれは、無意味な種類の励ましではない。困難な状況に対応しながら、正直で共に歩んでくれるような誠実な対応が求められている。

そして不確実な状況下において人々は、安定を必要とする。厳しい状況を長い目で見た上で、それを制する決意を表明したリーダーに人はついていくのである。忍耐力を実証して問題を解決することにより、リーダーの揺るぎない決意が証明できる。

この困難な時代において、リーダーは人間性と決意の両方を示すことが重要なのである。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング・プログラム

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション能力開発の名門・日本コミュニケーション学院 東京/リーダー,リーダーシップ/話し方コラム・スタッフ委員会 提供