話し方教室 教養講座-リーダーはコミュニケーションにおけるボディーランゲージの重要性を認識し、活用せよ!

ボディランゲージの影響力を理解し活用する

スライブ・グローバルでは、コミュニケーションでは、ボディランゲージが重要だとする専門家の意見を掲載。個人のブランド力を高め、信頼性の高いメッセージを相手に伝えることができるとしている。

行動心理学のメラビアン博士が行った研究によると、人は相手のメッセージを読み取るとき、55%がボディランゲージ、38%が声のトーンや調子、7%が言葉で理解していると報告している。

ボディランゲージは、話し手の持つパーソナリティーやアイデンティティー、影響力を示すことになり、その人自身の価値や信頼性に大きく関わってくる。成功している起業家やリーダーは、このインパクトを認識し、活用している。

リーダーの振る舞いによる信頼性が社内外に影響を与える

投資家のウォーレン・バフェットは、「信頼を積み重ねるのは20年、失うのは5分。それを考えて行動するべきだ。」と言っているように、リーダーの振るまいが取引相手、または従業員に与えるブランド力と信頼性、安心感、さらに威厳に関わると指摘している。

信頼性が不足すればビジネスだけでなく、生活にも影響し、最終的には自信の欠如にもつながっていく。アイコンタクトを含めた表情、スマートながら強力なジェスチャーなどを意識しながら、イメージを作り上げる訓練が必要だとしている。

■記事関連・話し方講座/社長,管理職の高度話力開発・専門特化コース

話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/リーダー,リーダーシップ/話し方教養講座・スタッフ委員会