話し方教室東京 教養講座-パブリックスピーキングで、聞き手に行動変容を促す秘訣!

パブリックスピーキングでは、コアメッセージを明確に

「フォーブス」では、パブリックスピーキングを通じて聞き手の行動変容を促すには、コアメッセージの明確化、コアメッセージの効果的な伝え方が重要になると説明している。

パブリックスピーキングにおいて、話し手は、聞き手の行動変容につながるアプローチすることが求められる。それには、聞き手のニーズを正確に把握する必要がある。

そこで、コアメッセージ(最も伝えたいこと)を明確にする。パブリックスピーキングを通じて、聞き手に何を伝えたいのだろうか。聞き手の行動や考え方にどのような変化を与えたいのだろうか。どのように聞き手の役に立ちたいのだろうか。

パブリックスピーキング内容を考えるには、まず、物事の本質を見極め、聞き手の行動変容を促すコアメッセージを見つける。

ストーリーテリングで聞き手の感情に訴求し、感情的説得力を高める

パブリックスピーキングの目的は、聞き手に対する情報伝達と説得である。聞き手の行動変容につながるコアメッセージが明確になったら、次は、それに基づいて話の構成・展開を考える。

例えば、ストーリーテリングを活用すると聞き手の感動や共感を引き出し、親近感が沸き、話し手と聞き手において感情的な繋がりが生まれる。個人的なエピソード、感動する話などストーリーテリングによって脳の領域は活性化し、その結果、感情的な説得力が増す。

それゆえ、事実やデータの情報伝達ではなく、ストーリーテリングにて話を始めるほうが、より効果的なパブリックスピーキングになるという。感情的訴求力は増し、聞き手の行動変容を促せる。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓