あがり症克服の話し方教室(東京)-スピーチやプレゼンテーションを成功させる準備・練習以外のコツ!

スピーチやプレゼンでの恐怖や不安を克服する方法

「フォーブス」では、パブリックスピーキングを成功させるには、話す内容を理解して自分の言葉で話せるようにしておくことだけでなく、「本番前の食事」「本番前と本番中の水分補給」が重要であると強調している。

パブリックスピーキングに伴う恐怖や不安を克服する方法では、聞き手に対する理解を深めること、聞き手目線で話すこと、最初は小規模聴衆を相手に話すこと、実践を重ねて経験を積むことが基本とされる。

しかしながら、パブリックスピーキングを成功させるうえで、他にも意識すべきポイントがあるという。

パブリックスピーキング本番前の食事に注意

パブリックスピーキング本番前の食事には注意したほうが良い。エネルギー注入のつもりで食べたものの、逆にパフォーマンスを下げる結果にも成り得る。食事はコンディションやパフォーマンスに大きな影響を与え、ゲームチェンジャーとなる。

例えば、ハンバーガー、ピザといったジャンクフード、炭水化物は満腹や眠気を感じさせる。パフォーマンスの低下につながるため、避けたほうが無難である。

一方、バナナは、すばやく脳のエネルギーとなり、絶え間なくエネルギーを供給してくれる。効率良く脳の栄養補給ができるうえ、神経を落ち着かせ、集中力を高める効果も期待できる。また、リンゴも神経を落ち着かせるという。

どの食べ物が自分にとって合うのか、どの食べ物を避けるべきなのか、しっかりと把握しておく必要がある。

パブリックスピーキング本番前と本番中は飲み物にも注意

本番前の食事とあわせて、本番前ならびに本番中の飲み物にも注意をする。人前で話す状況下では、ミネラルウォーターが適している。口の中や喉の渇きを潤してくれるからだ。

コーヒー、エナジードリンクなどカフェイン入り飲料は、人によっては神経が過剰に刺激されるため、避けたほうが良いという。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会