あがり症克服の話し方教室(東京)-メンタルトレーニングでスピーチの恐怖に打ち勝つ!

人前で話すプレッシャーに強くなる訓練

「フォーブス」では、パブリックスピーキングに伴う不安や恐怖を克服する方法としてプレッシャートレーニングを紹介している。

人前で話す状況下では、その場の独特な雰囲気に影響されて、不安や緊張、プレッシャーを感じてしまうだろう。そこで、プレッシャートレーニングを通じて心を鍛え、プレッシャーに強くなることが重要になる。

緊張状態を作り出してスピーチ練習を繰り返し、プレッシャーに打ち勝つ

例えば、一流のアスリートは、日々、プレッシャートレーニングで心を鍛えてプレッシャーを克服し、大舞台でも実力を発揮し続けている。このトレーニングは、ビジネスパーソンにも有効であるという。

プレッシャートレーニングとはメンタルトレーニングであり、ストレスホルモンが上昇する環境下においてパブリックスピーキングの練習を行う。

ストレスホルモンを上昇させて緊張状態を作り出してパブリックスピーキング練習を繰り返すと、プレッシャー下において気持ちを落ち着かせて冷静になる術が身に付く。緊張状態で話すことに慣れ、パブリックスピーキングのプレッシャーに打ち勝てる。

軽いストレス状態であっても、本番のプレッシャーに対処するには十分である。なお、軽いストレス状態を作り出すには、例えば、自分の話す姿を動画で撮影したり、家族や友人といった身近な人に対してスピーチを行ったりすると良い。

本番に近い環境でスピーチ練習を繰り返し、成功イメージを描く

本番数日前から胃が痛む、本番前日は緊張のあまり一睡もできないなど、脳は、ストレスを感じる出来事そのもの以上に、その直前に最も否定的な反応をするといわれる。

そこで、練習と本番における相違を可能な限り小さくする。より本番に近い環境下での練習を繰り返し、本番で上手く対処でき、成功するイメージを具体的に思い描けるようにするとよい。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓