話し方教室東京 教養講座-人的資源管理(HR)のプロの従業員との効果的コミュニケーションのあり方!

HRは従業員と明確な目標設定、明確なコミュニケーションを取る

人的資源管理(HR)のプロは人材採用、新人研修、職場文化による従業員の生産性維持などを行っており、従業員のパフォーマンスを高めるには、HR部門と従業員の間の効果的なコミュニケーションが必要だ。

ではHRのプロが行うべき効果的なコミュニケーション方法には、どのようなものがあるのか「マイジョブマグ」が記事で紹介している。

HRは従業員と会社の目標に沿った明確な目標を従業員と設定し、明確なコミュニケーションを取り、目標達成のためのコンテンツや流れを作成すると良い。会社の方針や価値観などが適切に伝えられていることを確認し、新入社員をほかの従業員に紹介し、彼らが職場に所属しているという感覚を構築するのを支援するべきだ。

様々なコミュニケーションチャネルを用意し、従業員の問題解決を助ける

対面や書式などさまざまなコミュニケーションチャネルを用意して、各従業員にとってどれが快適に使用できる手段なのかを把握しておくことで、従業員がオープンに表現できる場を提供できるだろう。

人的資源管理部門のスキルの1つには、評価的な聞き取りというものがある。HRとして批判的に耳を傾けることができるはずであり、非言語的な手がかりでさえ、戦略的に状況を分析する能力を持っているだろう。従業員が問題や仕事の難しさについて情報を共有しているときは、プロとして話した内容を秘密にしておくことを忘れてはならない。

また、会社の事業について十分な知識を持っておき、問題解決をするときは「人」ではなく「その問題」に焦点をあてて取り組むと良い。従業員にアドバイスや問題の解決策を提供することで、生産性の向上にもつながっていくだろう。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室教養講座・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓